対談コラム第1回「人の和、日本の輪」

皐月の一輪が清風に薫るころとなりました。皆様初めまして、私は 釈正輪と申します僧侶でございます。以前より岡埜栄泉六代目であられます岡野大介様と御縁を賜り、この度「和の文化日本を知る。」全般についての、一筆啓上させて頂くはこびとなりました。日本に生まれ、日本に生きる私たち日本人が、我が祖国「日本」をもっと、もっと、知って頂きたく、筆を執らせて頂きました。皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。
                                           合掌   釈 正輪  九 拜

はじめに

現代の日本国は羅針盤無き漆黒の闇を彷徨しております。いにしえより陸続と継承されてきた日本民族特有の東洋イズムともいうべき「和」の文化は、見事なバランス感覚でありました。しかし、戦後(第二次世界大戦)民主化という西洋イズムを急激に授受した弊害が、昨今重くのしかかってきています。私たちの祖国「日本」は、東洋文化と西洋文化を「和」の精神で混然熟成させ、新たな文化を構築してまいりました。
そこで六回シリーズを以って「日本」について述べさせて頂きます。さて、そもそも私たち日本人とは「何もの」でありましょうか、そして「日本国」とはどのような国なのでしょうか。些か抽象過ぎますが、皆様ははこの国について、深く考察したことがありますか。日本史のおさらいではありませんが、もう一度我が祖国「日本」を御一緒に探究してみましょう。

和菓子と日本文化

日本人なら誰もが一度は口にする和菓子。洋菓子と違って、ほんのりまろやかな味に、大人は疎か、幼児子供までが舌鼓する「味」とは何でしょうか。一般に和菓子といっても数々あります。8世紀の初め、遣唐使によって伝来したお菓子(唐菓子)や、安土桃山時代、宣教師によってもたらされた南蛮菓子等もあります。和菓子の名称は、江戸時代にヨーロッパから入ってきた洋菓子に対して使われる言葉であります。抹茶席において、薄茶では干菓子、濃茶は生菓子(主菓子)を戴きますが、何れも和三盆(黒砂糖のサトウキビ)を使用致します。白砂糖が手に入らない江戸時代まで、その独特の風味と程よい甘さは、花鳥風月雪月花の日本の四季観を醸し出すのに深く貢献致しています。
日本文化は和らぎの文化であり、日本国以外の他国は、もの事全般がはっきりしており、それは食文化にも如実に表れています。極端に甘くもなく辛くもなく、頃合いの味を好む日本人は、中間(偏らない真ん中)に美徳を偲び、なんごとも受け入れ、控えめな独自の文化風習を歴史的に構築してきました。それは日本という地の利、列島に民族が住み着き、必然的に生み出した正に「和」に他なりません。

開催時の様子を動画で紹介

2019年1月16日「価値観の多様性」

2019年1月16日「改めて思う仏教の大切さ」

2019年1月16日「人というのは何者なのか?」

2018年8月9日「私という人間を認めてくださる方に出会うか否か」

2018年8月9日「お坊さんの役割」

2018年8月9日「歴史にはいろんな考え方がある」

アクセス

  • 20今日の訪問者数:
  • 20昨日の訪問者数:
  • 561月別訪問者数:
参加申し込み
東京 3月7日(木)武道礼法体験会 3月12日(火)講話会 大阪、講話会 3月22日(金)  3月29日(金)  4月27日(土) 5月25日(土) 6月30日(日) 7月27日(土) 8月28日(土)
LIQUID CONNECT
×