Loading

書籍紹介

615GfdWmb0L - 書籍紹介

死ぬのに適した日などない

内容紹介
荒行中の荒行と言われる「千日回峰行」を達成し、宗派を超えた平和・教育活動をしている僧侶が年間三万人を超える自殺者を憂い防止の道を説く。著者の周辺では知人や信者の自殺が相次ぎ、自らも寸前まで追い込まれた体験を持つ。「今を生きる」ことの大切さを訴え、知らない人にも声をかける「お節介運動」を提唱する。

fome0010 cover s 480x640 - 書籍紹介

自らを照らし、一隅を照らす

内容紹介
禅・真言・天台の各宗を研鑽し、真の千日回峰行を成し遂げた釈正輪老師が、独自の宗教観を説く。さらにはメッカ巡礼、世界宗教聖地巡礼を行い、マザー・テレサの信仰実践、ダライ・ラマ14世の宗教的覚醒に触れた後も、寺に籠ることなく、野にあって多くの人々に自らの体験をベースに、わかりやすい言葉で、経典ではなく、お釈迦さまの残した本当の言葉、その意味を説き続ける。
本書は、自殺の寸前で娘にその命を助けられた自らの経験も踏まえ、心が弱った人間に魔が差すことがないように、家族が、友達が、そして社会がいかに彼、彼女を救うことができるのか。それ以上に、自分自身が、いかに自らを救うことができるのかをともに考えるための提言集。そのために、仏陀が残した遺言がある。お釈迦さまの真意を知る手がかりがここにある。

41iXQMb82YL - 書籍紹介

3.11後を生きる術

内容紹介
日本全国が震撼した大地震、すべてを濁流で飲み込んだ大津波、そして世界が震えた福島第一原発のカタストロフィー。何万人もの人が死に、あるいは行方不明になり、何十万人もの人が避難生活を余儀なくされ、国土の何%かを失った天変地異。1000年に一度ともいわれる大震災。
私たちは、いかにしてこの傷跡から立ち直ればいいのか。
あらゆる宗教の垣根を超え、平和と人々の幸福を祈念する世界的ネットワークを築く。千日回峰行により見性を得た老師が説く。説法を超えた、”祈り”がここにある。弱り果てた心を魔から救う、”知恵”がここにある。3.11後を生き抜くための”生き方”がここにある。

EK 0241511 - 書籍紹介

より良く生きるための術

内容紹介
千日回峰行により見性を得た老師があえて語った、仏教界のタブー。現在の仏教界が抱える矛盾と方便の意味。お釈迦様が語った真実、「自灯明と法灯明」とは。お釈迦様が伝えたかった死生観と処世術。認証欲とは。本来の布施とは。イスラムの礼拝の意味するもの。祈りと誓願の違い。「天上天下唯我独尊」の正しい解釈。輪廻転生と死後の世界。使命と宿命。他力と自力。無心とはどのような心持ちか……どうすればより良く生きられるのか。さまざまな疑問に対する答えがこの一冊にある。

PAGE TOP